みずきたくみのオーパーツパーク・セカンド

プラモが作れないプロモデラー『みずきたくみ』のブログです。 仕事に追われる日々ですが無謀にもブログに挑戦だー!更新遅いぜー!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガバ娘ちゃん・プロローグ

久しぶりに模型をガッツリ行ってみよう!

唐突に始めましたガバメント、一挙4夜分くらいまとめてみたよ。

このメカは戦闘メカ・ザブングルの前半で主役メカのライバル的な存在で活躍しました。
みんな知ってるよね(´・ω・`)
センドビート、デラバスと来て、次はこれを完成させるぜ!

そこの君、「ドランは?」って言った?

キットは1/144を使用しますよー。

DSC01858.jpg

仮組みするとこんな感じ

DSC01860.jpg

(*´∀`*) イカスでしょ、ふふふ。
30年前のキットだからねー。現在のバンダイからは想像つかないでしょ。
こういうのをイジリ倒すのがプラモの醍醐味なんだぜ! (#^.^#)

DSC01863.jpg

とりあえずノコギリでぶった切って・・・

DSC01864.jpg

エポキシパテを詰め込みます。
この後ガシガシ削り込んだりするので中にギュウギュウ詰めちゃいます。

そして粗削り。
DSC01872.jpg

ここでタネマキさんから質問がありました、「左右の穴のシンメをどうやったの?」

こんな感じで進めます。
長いけど最後まで付き合ってね♥

DSC01906.jpg
まず、ボディーに下書きしたらマスキングテープを貼ります。
その上からキチンとシャーペンで下書きし、はがしてマスキングテープを二つ折りします。
そして丁寧に切り出します。はがすときはノリ面とノリ面の間にアートナイフの刃を入れて、少し剥がれたらピンセットで慎重に剥がします。

DSC01907.jpg

剥がしたマスキングテープはこんな感じ。
シンメ簡単でしょ。

次は位置決め。

ここで活躍するのが、以前ブログで紹介した「みずき棒」(笑)
写真はだいぶ進んでますが、こんな感じで線を引けば左右同じ位置にラインが引けます。
DSC01908.jpg

そして上下の位置決めはマスキングテープを使って
DSC01910.jpg
奥のキットの段差が見えると思いますが、そこがきっとの中で唯一の水平ラインなのでそれに合うように貼ります。

(もうすでに掘った後に解説していますのでほかの場所に貼りました)
DSC01911.jpg
位置決めしたマスキングテープに合わせて先程作ったフォーゼのお目々をくっつけてマジックで塗りぬり。
剥がしたらゴリゴリと彫刻刀とアートナイフを使って掘りましょう。

DSC01872.jpg
掘る深さ、底面を揃えるのは難しいので、ここでひと工夫。

DSC01873.jpg
ワセリンを塗ってからポリパテをムニュッ。

そして雄型を作ります。
DSC01889.jpg
そして粗削りした穴に再びポリパテを入れて、お姿にワセリンを塗って、ムギュっとやります。

DSC01899.jpg
コレで左右同じ形の穴が出来ました!


続いて腰に行ってみよう!

お尻の形が悪いのでいじっちゃうよ。
DSC01900.jpg
DSC01902.jpg
だいぶスッキリしました。

DSC01905.jpg
今日はココまで!

もう少し胸のラインをいじりたいかなーと思いますが、他のパーツが揃ってからバランスを見ていじっていこうと思います。

年内はもういじれないかなー。
アイデアがいっぱいあるのでジックリ寝かすことも大事だよ!

寝かし続けて30年(#^.^#)
スポンサーサイト
  1. 2011/12/25(日) 11:04:03|
  2. ザブングル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

マウンテンサイクルから黒歴史的な写真がゴソッと出てきた!

今日はバイクの日じゃー!

引き出しの中から写真が出てきたので初代カピロッシ号から紹介しちゃうぞ!

初代カピロッシ号 ホンダCBR400RR
ナップスでもらった65のゼッケンシールを貼っただけ!
CBR400RR02.jpg
CBR400RR01.jpg
エトスのスリップオン、いい音してたな~。
CXコーナーでハイサイドで空を飛びました。


つづいて、2代目カピロッシ号
ホンダ ’94NSR250R

マルボロNSR250R02
マルボロNSR250R01
青白NSRを缶スプレーで塗装。蛍光レッドはなんとモデラーズの缶スプレー×7本。
半年で日焼けして色が飛んでしまった(m´・ω・`)m


つづきまして、3代目カピロッシ号
塗装替えマイナーチェンジ、マフラーがJhaチャンになったよ。
ポンスNSR250R05
ポンスNSR250R04
ポンスNSR250R01
ポンスNSR250R03
コレも全て缶スプレーで塗装。
タンクだけは2液混合のウレタン缶スプレーでコーティング。
全てカッティングシートから手作業で切り出したステッカー。

これは完成度高かったなー。

宮ケ瀬でスリップダウンしてコンピュータが真っ二つに割れてしまった。
その後、ウェストカラーに塗り替え中でしたが、1198のクラッチ代が払えなくて下取りになりました(´・ω・`)
すごく好きなバイクで16年間所有してました。

まあ、そんな思い出ポロポロ
  1. 2011/12/15(木) 01:56:57|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ラップタイマー、磁気センサーの取り付け位置

1198、1098ユーザーの方向けにセンサーの取り付け位置を解説しておこうかと思います。

購入したのはクレバーライトのラップタイマー。お値段13,800円。

P-LAPⅢは31,500円とかなり勇気がいるお値段。
もう少し手頃なお値段の物はないかとインターネットで検索したところ見つけたのがクレバーライトさん。
ネットで注文しようと思ってHPを見てみたら、なんと上小田中。ちょー近所。
仕事帰りにお店に立ち寄って購入しました。

説明書によると

・地面から20センチ以内。
・タイヤから15センチ以上離す。
・排気管の近くへの配線、固定は避ける。
・垂直に取り付ける。

(´・ω・`) 結構難しくない?!

全然ピンとこないのでドゥカティ川崎の店長さんにご相談。
「ココを開けると三角形のわずかな隙間があるので、そこに着けるべし」
「1198は中身が詰まっててソコに着けるしかないから」
即回答!さすが!

ココにつけました。
DSC01813toritukeirti.jpg

配線はこんな感じです。
コードの長さにだいぶ余裕があるので、このへんでまとめました。
DSC01810.jpg

コネクターをこのへんに出しておけば取り外しが簡単。
DSC01811.jpg

ラップタイマーの取り付けは付属のステーを万力で挟んで曲げて使用。
両面テープとタイラップで金色のフレーム部分(メーターの手前)に固定しました。
ラップタイマー自体は付属のベルクロテープで取り外しができるようになっています。
写真がないので後日画像を入れたいと思います。

参考になったでしょうか?
  1. 2011/12/15(木) 00:11:08|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クシタニフォトサービスを利用してみた。

2011.11.15クシタニ走行会のクシタニフォトサービスを利用してみました。
ネットで注文してから二日後には代引きで到着。2Lサイズの写真とデータをあわせて2000円。

早速データをクローズアップしてみてみました。

EC-3804トウスライダー

トウスライダーはまだ健在なので1本目の走行ですね。
まだまだ序盤でイケイケではないのにプロが取るとかっこいいなー。

2本目の走行後にはこんなになってしまいました(m´・ω・`)m

トウスライダー

3本目はガムテープを巻いて走行しましたが、戻ってきたらすっかり無くなってました。

どうやって補修しましょうかね~?
100円ショップでマナ板を買ってきてボンドでくっつけようかなー。
ドゥカティアパレルショップでは修理ができないらしいのでやっぱりマナ板かな。
バリバリマシーン世代はやっぱりマナ板だよね(笑)
  1. 2011/12/14(水) 21:33:29|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

みるる専務

Author:みるる専務
みずき匠(プロモデラー)
模型誌作例・GFFフィニッシャー・カラーリング・商品原型などなど
最近は毎月関わった作品、商品が模型誌に載らない月が無いくらい活躍中

通称「みるる専務」
好物「すっぱい物」

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。