みずきたくみのオーパーツパーク・セカンド

プラモが作れないプロモデラー『みずきたくみ』のブログです。 仕事に追われる日々ですが無謀にもブログに挑戦だー!更新遅いぜー!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

みるる専務 北海道の旅 ファイナル

みなさんこんばんは\(⌒日⌒)/

北海道の旅、後編です。

青森に船が着いたのが21時過ぎ。天気も悪いので港のすぐ近くのホテルに一泊。
翌日は天候が回復するのを待って県立青森美術館へ。
IMG_0687.jpg
チブル星人と記念撮影パチリ。
成田享展を開催してました。絵葉書を買いまくり。
バイクだとお土産に制限があるからね。

IMG_0689.jpg
青森名物「あおもり犬」と記念撮影をして、いざ出発。

5000回転から上が滑るなーと感じつつも、福島まではすんなり来れたんです。
福島に入ってからは高速の上り坂で時速90㌔くらいしか出なくなっちゃって、これは慎重に行かないと帰れない予感((((;゚Д゚))))

こんな時に出会ってしまう、同じ匂いのする人。

上河内SAでシートを外してバラしている900ニンジャ乗りに出会う。
なにやら電装系のトラブルでライトがつかなくなったと。

ここから先はハザードを点けながらゆっくり行きますよ。
と言うことだったので、自分もクラッチが滑ってるので一緒にゆっくり行きますか?!

ということで、一緒に出発。

しかし、

同じ匂いのする人。

ダメなバイクで、二人して頑張りすぎ(´・ω・`)

スリッパークラッチは滑り始めると一気に来るよとは聞いていましたが、ほんとに持たなかった。

二人してハンドサイン出して都賀西方に緊急ピットイン。

map20120715.jpg

写真を撮る余裕なんて無かったのでフォトショでの加工写真で勘弁。
クラッチ焼付け
こんな感じで白煙を吹き上げてた。

マジおわた。

ちなみにニンジャのお兄さんはバイク屋さんだったので、クラッチ焼き付いちゃってるから動かさない方がいいよ、と言うことで、保険屋に電話してみた。

私の入っている保険にはロードアシスタントがついていないことが判明。

距離計算で実費になりますと。

見積もりしてもらった。

川崎まで9万円!

ちょっと考えますよね。

ドゥカティショップの社長に連絡が取れたので、症状を話したところ、「エンジンがかかってゆっくりでも動くならそのまま帰ってきな~」
ということだったのでニンジャの人にはここでお別れしてゆっくり南下。
左の端っこをウィンカー出しながら。
下りは普通に走れるんだけど、ちょっとでも勾配があると40キロくらいしか出ない。
それでもなんとか東北道はすんなり来れた。

生きた心地がしなかったのはこの先。
map2012071502.jpg
最初の難関は東北道から首都高に入るところ。

登り坂で2車線またいで右に入らなければならない。

車が途切れるタイミングを見てレーンチェンジ。

もう坂道は押さないと登れない。

待避所で休み休み進む。

下り坂は惰性で一般車と同じ速度で走れたのでなんとかなった。

池袋から3号線に向かう道はひたすら地下に潜っていく下り坂。

しかしその先には最大の難関が!

「大橋JCT」

惰性でなんとか中腹までは登ったものの後は押して登るしかない。

換気もないのですごい熱気。

クラクラする。

とりあえずヘルメットとジャケットを持って天辺まで歩き。
荷物を上に置いてからバイクを取りに戻る。

そこに登場、ドゥカティ900SSのお兄さん。

上までバイクを押すの手伝ってくれた。
ありがとう900SSのお兄さん。

これ以上は危険なので次の出口、三軒茶屋で降りることに。
運良く三茶出口付近は工事中だったので渋滞気味になっていた。
無事、右車線に入って首都高脱出成功!

この時すでに夜中の1時過ぎだったと思う。

ここで登場、首都高ぐるぐる仲間のシビックタイプR。
黒ボン、黒トランク(ジオンマーク付き)
ハザードつけて、いい音させてキタ━(゚∀゚)━!

ツイッターを見て様子を見に来てくれた。

ここから先はひたすら下道を押す、乗る、蹴る。
時速10㌔の移動物体を後ろでハザードを焚いてカバーしてくれるシビック。

ツイッターでは道中応援してくれる仲間たち。

ありがとう、みんな。

感動した。

24時間テレビみたい。

無事、明け方ドゥカティショップに着くことができました。

朝一でバイクをバラして見てもらったら、クラッチ板が1,3mmも減っていた。

次はもっと強いスプリングを入れてくれる事になりました。

半クラの使い方が悪いとかずーっと言われていたんですけど、今回の走行で違うということがわかったみたい。

100CCアップしているのに1098と同じクラッチを使っているから、パワーをかけ続けて走るとクラッチが負けちゃうみたいです。

タイヤもすっかり溶けて台形になっちゃったし、修理にいくらかかるんだろ?
ガクガクブルブル


それでも無事に帰って来れてよかった。
心配してくれた皆さん、ありがとう!
北海道で出会った皆さん、ありがとう!

では、また会う日まで!



スポンサーサイト
  1. 2012/07/19(木) 14:13:24|
  2. 逃避行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

みるる専務 北海道の旅 中編

さてさて中編です。

雨も上がったので富良野に向かいます。
三笠インターで降りたところでネズミ捕りやってました。
要注意ですね。2車線なのにみんなゆっくり走ってます。
ぼーっとしてると捕まります。

IMG_0631.jpg
芦別、富良野に向かう途中にある三段滝。結構な迫力です。

IMG_0634.jpg
富良野、サンタの髭のメロンソフト。美味しいよー。

そしてメッセージをいただいていた、Poo熊谷さんの御宅に向かいます。
富良野から30分くらいと聞いていたのですが、迷って、通り過ぎて、1時間くらいかかってしまった。

IMG_0638.jpg
プーさんの工房に無事到着!

早速お邪魔してモデグラの作例を見せてもらったよー!
やっぱり実物は凄い!
この作り込みは感服いたしますです。

IMG_0640.jpg
専務と比べてもこの大きさ。すごいでしょ。

時間を忘れて居座るところでした。
熊谷さんありがとうございました!

お土産もたくさんもらっちゃった(*´∀`*)
いっぱい使わせていただきます。

そして美瑛に抜ける道を熊谷さんに教えていただいたのですが、その道が実に気持ちいい!
しっかり車載カメラで撮影しましたが、気持ちよく走りすぎてお見せできることができません(^0_0^)
馬、牛を横目に疾走する姿は何かのPVみたいで本当に気持ちよかった。

IMG_0645.jpg
美瑛に着く頃には雨が降り始め、カッパを着て美瑛で採れたお野菜を食べに行きました。

IMG_0664.jpg

翌日は6時半に起きて散歩!バイクで散歩!
どこ走っても絵になるね。
IMG_0668.jpg
マイルドセブンの丘

マイルドだろ~(#^.^#)

夕方には函館~青森のフェリーを予約してあるので、早起きして丘めぐり。

朝飯を食べたらひたすら走って函館に向かいます。約400km

帰りも熊谷さんが教えてくれた道を走りました。気持ちヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・

IMG_0671.jpg
ひたすら走ったおかげで少し時間が取れたので駒ヶ岳を眺めてから帰ることに。
鉄ちゃんがいっぱい居たよ。
良い写真が撮れたらしく、みんな笑顔でしたが、気がついたら一人もいなくなっていた、撤収も早い。
電車の時間に管理されているんだな、彼らは。

IMG_0675.jpg
そして、さようなら北海道。
ありがとう北海道の仲間たち (#゚Д゚)/~~

青森に着くのは夜です。

そして波乱の後編につづく!!



  1. 2012/07/18(水) 11:35:22|
  2. 逃避行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

みるる専務の旅 前編

行ってまいりました、北海道。

ドゥカティ1198で行くみるる専務の旅はじまりはじまり~。
無事帰ってこれたから、こうやってブログうpできるよ(笑)

IMG_0575.jpg
一週間の旅ですが装備はこんだけとウェストバックのみ。
中身はカッパと3日分のパンツ、靴下、Tシャツのみ。洗濯は途中で一回した。コレで十分ですね。

スーパースポーツでのロングツーリングは意外にキツくないです。
タンクバックに身を任せてアクセル開けるだけなのでどこまででも走れるよ。疲れない。

IMG_0520.jpg
まずは岩手に寄りますよ~。

IMG_0542.jpg
生まれ故郷の岩手県宮古市、「浄土ヶ浜」にやってまいりました。
ここも津波に呑まれて、まだ傷跡が残っていましたが大分綺麗になっていました。みんなの力ですね。
スゴク良い所です。

IMG_0538.jpg
浄土ヶ浜の新名所「青の洞窟」

すごく綺麗でした!
小舟で入っていくの。
絶対おすすめ!
みんな岩手に遊びに来てね。

IMG_0548.jpg

そして青森。

予約したフェリーの時間ギリギリセーフ。
ここから船で約4時間。
函館に着くのは夜ですよ。

IMG_0559.jpg
せっかく函館に来たのだからケーブルカーで函館山へ。
これまた最終便ギリギリセーフ。
誰も乗ってない、貸切。

さあ、明日は雨が降り出す前に札幌入りするぞー。

IMG_0577.jpg
洞爺湖で寄り道、日帰り湯に入ったぞ。

そして札幌へ。

翌日は雨。
IMG_0601.jpg
雨降りなので、松浦くんの車でモエレ沼公園に連れて行ってもらった。

そして兄弟に再会!
IMG_0614.jpg


夜は飲み会!

札幌のモデラーさんたちがウィークデーだというのに集まってくれた!

ありがとうみんな!

IMG_0623.jpg

今年もたぬきの隠れ家でマグロの中落ちを食べながら模型談義!
DOOVAさんのグフカス。かっこいいー!

IMG_0624.jpg
Kentaさんのネモ。これも凄いいじってある。カッコイイー!

IMG_0626.jpg
シンさんのドラッツェ。どこかで見たことあるでしょ?

続々と集まるモデラーたち。
みんな翌日仕事なのに集まってくれてありがとうね(*´∀`*)

翌日は富良野へゴー。


中編につづく!

すごいところに寄り道するぞ!モデラーは必見だ!


  1. 2012/07/17(火) 20:53:49|
  2. 逃避行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ローゼンズール その6 ファイナル?!

さてさて、うまくまとめられるか最終回・・・予定。

IMG_0419.jpg
ビフォー

IMG_0437.jpg
アフター

みんなちゃんとマスクしたほうがいいよ・・・という画像です。

このマスクはシゲマツの粉塵マスクですがコレすると清々しいの。ほんとに。
まるで森の中にいるみたい。
花粉の季節なんかずっとコレしてたいもん。花粉症じゃないけどね。

IMG_0435.jpg
塗装が始まるとこの有様。
足の踏み場無し!
全部手に届く範囲だからチョー便利。負け惜しみじゃないからね(笑)
まじ3畳で凌いでるから。

IMG_0441.jpg
とりあえず完成!

撮影日の朝5時にフィニッシュしたよー。
マジへろへろ。
胸の塗り分けは筆塗り。
これはマスキングしんどいでしょ。
それ以外はマスキングしましたけどね。

全体の写真もありますがせっかくなので発売中の電撃ホビーででっかく撮ってくれていますのでそちらでお楽しみください。
実物の1.5倍位になってますので。

イデっち買った?

見たい?

じゃあちょっとボンヤリした写真だけね(笑)

IMG_0485.jpg
この写真の主役はベースです。
ホームセンターに売っている木のハガキ1枚300円を2枚重ねて作ってます。
上の段は1センチ切り落として階段状にしました。
せっかくなのでローズウッド風な色合いのものをチョイス。
木のハガキはいろんな種類があるので144サイズを飾るのに便利です。

おまけ
IMG_0492.jpg
昔し、キャラモデで作ったZガンダムにも木のハガキでベースをつけてみましたよー。
なかなか使えるでしょ。

もひとつおまけ。
IMG_0493.jpg

だいぶ駆け足でお送りいたしました。
楽しんでいただけましたでしょうか?

私の気持ちはもうすでに北海道に飛んでいます(笑)

1198大丈夫かな?

雨が降りませんように。

ではでは皆さんまた会う日まで。

電ホ買ってね、イデっち(笑)

  1. 2012/07/09(月) 00:14:07|
  2. ローゼンズール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ローゼンズール その5

さてさて北海道行きの準備もせにゃあかんのやけど。

その5にいってみよ~!

IMG_0409.jpg
まずは後ろ姿。
ノズル関係、いつもなら旋盤引いたり、箱組したりするところでございますが、今回は計算通り(笑)時間がないのはわかってましたので、Waveさんとコトブキヤさんのパーツのお世話になりました。
手元にヤマぽんさんの宝物がいっぱいあったので助かりました。ありがとう。

ところでイデっち、電撃買った?

IMG_0421.jpg
さー型取り!
たしかこの写真は24日か25日。
締切1日なのに間に合うの?

レジン棒が刺さってますけど、これはレジンを流したあと棒を差し込んで強制エアー抜きをしてます。
ベビーパウダーとレジン棒強制排出と大人のプルプルマシーンがあれば意外にキレイに抜けるんですよ。
真空脱泡機もってないし。
ずっとこれだもん。

いける!

IMG_0431.jpg
まー多少は気泡ありますのでこういうことになりますが。

IMG_0433.jpg
胸の鉛板は結構適当だったのでポリパテで修正。

IMG_0422.jpg
型も一つお見せしちゃお。

よーし、ファイナル、その6につづく!!!
  1. 2012/07/09(月) 00:08:40|
  2. ローゼンズール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ローゼンズール その4

こんばんは。

本日2回目のUPですよ~。

朝はツイッターのスパムでてんやわんや。ご迷惑お掛けした皆様ほんとすみませんでした。
とりあえずその後は何もないようですが、どうでしょうか?

今夜は一気に完成まで行っちゃいましょう!!

なぜならば・・・

明日から北海道に向かってドンドコ走るからなのです。イェイ!

北海道のモデラーのみなさま迎撃準備をして待っててね。

それではいってみよー!

IMG_0411.jpg
まずは腕

基本、旋盤工作。
ポリパテの肘は小説版の可愛い肘。
映画が上映されて設定画解禁になってからビデオ版のアウトラインにすべくエポキシパテで後付けの肘を作りました。
設定画先にもらえるわけじゃないんだよ~ん。

IMG_0413.jpg
ちゃんと手も外れるように作っていますが、ワイヤーとかインコムみたいなリレーとかが間に合わなくて、今回は見合わせました。
いつか発表できるとおもいます。

IMG_0403.jpg
縁取りのキラキラしているのは「板鉛」。

IMG_0402.jpg
釣り用の板鉛を1ミリ幅位に切って瞬間接着剤で接着。
曲面、曲線にも対応するので便利。
貼った後、金属棒でこすると綺麗になります。

IMG_0415.jpg
足。
基本はギラズール。ピーナツみたいなノズル部分はスリムにしたので中に詰めたエポキシが見えてますね。
膝の刺はレジン板からの削りだし。

フクラハギ下ポリパテの境のプラがなかなか柔らか成分が抜け出してくれなくて時間がかかりました。

IMG_0416.jpg
フクラハギ上の形状はやっぱりこうですよね~。キットと見比べて見てください。
ぐっとセクシーになりました。
膝関節はそのまま。
太ももはゼーズールのモノをそのまま使っています。
伸ばしたり太らせたくなるところですが、やはり他のズール系のものと並べた時に同じものという説得力がいるなーと思いました。
それを考慮して全体のバランスを検討しています。

IMG_0407.jpg
じゃーん!

だいたい全パーツ揃った!

重くなりそうなので、その5につづく!

すぐアップするよ。
  1. 2012/07/08(日) 23:52:32|
  2. ローゼンズール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ローゼンズール製作記 その3

昨日は荒川さんの個展に行ってその後モデラーばっかりの飲み会に参加。
珍しく最後までアルコールを飲んでしまいました。
個展は秋葉原で12日までやっていますので見に行った方がいいですよー。
作品の濃さと多さに圧巻!必見です。

そして今朝は朝っぱらからスパムメッセージでアカウント則りにあうし、まいりました。
昨日MAX渡辺さんとの会話の中で話題になっていた人からのメッセージだったのでついクリックしちゃったんですよー。
気をつけないといけませんね。
ご迷惑をおかけした皆さん、すみませんでした。

それでは本日もつづきにいってみよー!

IMG_0398.jpg

これは腕と頭ですね。
アゴの動力パイプはエポキシパテをむにゅッとやったものから削りだし。
見えないところで左右は繋がってます。こういうパーツは左右分けて作ると後々面倒ですので塊から削りだした方が楽です。シンメも出しやすいですし。

IMG_0399.jpg
襟のパーツはまだ外側のアウトラインしか出していない状態です。
この後内側をきれいに削ります。
こういところで活躍するのが「みずき棒」

おっと時間だ!

つづきはまた後で!!
  1. 2012/07/08(日) 15:06:16|
  2. ローゼンズール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  1. 2012/07/08(日) 14:46:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rosa mulutifiora イバラのミチ その2

ローゼンだけに荊棘の道とは、いでっち流石ですね。いただきまんもす。
いでっち、本は買ってください。

さてさて、皆様いかがお過ごしでしょうか?

電撃ホビー掲載のローゼンズールを早速、タムタム相模原店に置いてきました。
お近くにお住まいの方は是非、現物を見に行ってくんなまし。

それでは今夜もレッツらゴー!

IMG_0285.jpg

組み上げて写真を撮って検討の繰り返し。でも大事な作業です。

これが完成するとはこの状態では想像できないよね~。
そんな貴兄に。
ビフォーアフター
IMG_0444.jpg
約一ヶ月後にはこうなります。

イメージできた?

バランスを検討して、パーツのサイズが決定したらどんどん作り進めていきましょう。

電撃ホビーの本文でも少し説明した靴から解説。
IMG_0361.jpg

靴はスカルピーでザックリ作ったものを見ながら木工用エポキシパテで作っています。
IMG_0360.jpg
メンタム塗って、ムニュっとやって、オーブンにつっ込んで・・・

IMG_0414.jpg
削ると。

オーブンの温度は120度に設定して15分焼いてます。
大きい物や何度も焼くときはアルミホイルをかぶせて焼いています。
焦げバーシュにならないようにね(笑)


バックパック
IMG_0391.jpg
バラの蕾ちゃんはスカルピーで作ったものをお湯まるで型取りして、中空になるようにエポキシパテをムギュムギュしました。

肩も同じく
IMG_0387.jpg

IMG_0393.jpg
IMG_0394.jpg
同じくお湯まる→エポキシの工程ですが、バックパックと違うのは、スカルピー原型の段階でしっかり面構成を形出ししてからの複製にしました。

むかしむかしモデグラでサンドロックをスクラッチした時はプラ板工作で肩を作りましたが、プラ板だとどうしても表情が少ないというかなんと言うか。
「線の硬さ・面の硬さ」なんですよ。

エポキシとかポリパテの無垢の素材からの削り出しだと
「線の硬さ・面の柔らかさ」が表現しやすい。
立体物はいろいろな角度から見ますので、その分表情が豊かに感じられると思います。
わかりやすい例はガンダムの太もも。

IMG_0288.jpg
哀愁漂う背中で本日はおしまい。

つづく!
  1. 2012/07/07(土) 02:16:07|
  2. ローゼンズール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ハジマリのハジマリ

IMG_0501.jpg
故 水木久夫 画130×170 油彩


おはようございます。皆さまお久しぶりです。お元気ですか?

いろいろとご心配おかけいたしました。
父は闘病むなしく、3月7日に天に召されました。
励ましのメッセージありがとうございました。

さてさて、看病中は本格的な作業が出来なかったので、戦車を作ったり、飛行機を作ったりしておりました。

どれもこれも途中ですが・・・

父が他界したあとアレコレ忙しい日々が続いていましたが、センチネルのオフ会に参加した際に電撃の編集の方とお知り合いになりまして、電撃ホビーデビューと相成りました。

一期一会

出会いは大切にしませんとね。

144ギラズール、キット改造ということでしたので、まー、キット改造ならチョイチョイでしょー、と思ったのですが・・・・

んな訳ない!  どんだけ新規パーツ作らなきゃならんのだ・・・・あさはかすぎですたよ゚(゚´Д`゚)゚

写真をいくつか撮っておりましたので、紙面ではお伝えしきれなかった制作手順などを順を追ってアップしていきたいと思います。

それでは皆さん、お手元に今月号の電撃ホビーをご用意ください(*´∀`*)
current_issue2012_08.jpg
■ 用意するもの
IMG_0502.jpg

・1/144ギラズール ・グレイスカルピー ・木工用エポキシパテ ・モリモリ ・おゆまる ・ウレタンレジン ・シリコン(8キロ)

さっそく始めましょう

まず新規で作らなければならない「肩・腕・足・バックパック」をざっくりグレイスカルピーで作って無理くりキットに着けてみます。
スカルピー
ホント、ざっくりでしょー。

この状態で一度写真に撮って設定画と並べてバランス、形状の検討をします。
IMG_0221.jpg
キットを使う部分の造形も先に進めておきましょう。

IMG_0232.jpg
首周りはレジンの旋盤加工+エポキシパテで。

キット+ポリパテはしっかり硬化するまで時間がかかるので、先にドンドン進めちゃおー。

IMG_0278.jpg
よーし、このへんで一度組み上げてみよう!

先は長いの~。

つづく(#^.^#)
  1. 2012/07/04(水) 10:03:41|
  2. ローゼンズール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

みるる専務

Author:みるる専務
みずき匠(プロモデラー)
模型誌作例・GFFフィニッシャー・カラーリング・商品原型などなど
最近は毎月関わった作品、商品が模型誌に載らない月が無いくらい活躍中

通称「みるる専務」
好物「すっぱい物」

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。