みずきたくみのオーパーツパーク・セカンド

プラモが作れないプロモデラー『みずきたくみ』のブログです。 仕事に追われる日々ですが無謀にもブログに挑戦だー!更新遅いぜー!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

STM


[広告 ] VPS『イタリアSTM社は世界で唯一のスリッパークラッチシステム専門メーカーです。STMスリッパークラッチは、シフトダウンで急激なエンジンブレーキが発生する時に、自動的に機能します。クラッチをつなぐ瞬間の強力なエンジンブレーキを調整し、リアタイヤのグリップが失われる事を防ぎます。リアタイヤの路面追随性を上げ、車体の挙動を安定させることでマシンコントロール性が格段に向上、さらに加速状態への移行をスムーズにします。また、急激なエンジンブレーキによるストレスからエンジン、駆動系など車体各部を守り、激しいライディングによるマシンの消耗を最小限に抑えることができます。』STM(ホームページから転載)
というわけで、先日書いたとおりSTMつけました。

見た目はネールアーガマのハイメガ粒子砲みたいでかっこいい。工賃込みで21万円也。
走行距離5000キロを越えたあたりから半クラでつなぐと「グワーー」というか「ググァーー」っていう異音が出始めたのでお店に相談したところ、「半クラの使いすぎ」「運転が荒い」「通勤に使っちゃ駄目、もったいない」「毎日乗っちゃ駄目、三日に1辺にしろ」とか言われ、まあなんにしても俺の運転がへたくそだからクラッチ減っちゃう訳で・・・
ノーマルのクラッチ板交換でも7~8万かかるということなので、また同じのつけても同じ距離で終わるの目に見えてるので、この際だからSTMにしました。
でもね21万とか有りませんよとお話したところ、「乗ってないNSRがあるじゃない、あれをクラッチ代にしよう」というわけで、94年に新車で購入したNSR250Rがお嫁に貰われていきました。
そういえばNSRの乾式クラッチも5000キロくらいで交換したな~。でも確か2~3万ですんだ気がするが・・・
16年乗ったバイク、しかもオイル落ちして不動車、しかもカピロッシカラーに自家塗装、さらに言ってしまえば、フロントカウルだけはウェストカラー、それ以外はエマーソンカラーという中途半端、そしてカウルを付けるネジが見つからない・・・それでも15万円の値段がつきました。すごいよNSR。
でも愛着のあるマシンがドゥカティのトラックでバラバラのまま運ばれる姿は悲しいものがありました。
DSC01667.jpg
写真撮っておけばよかったなー>・<
この写真はフロントカウルを塗り直した時の写真ですね。
カッティングも塗装も全てお手製。
昔はカッティングの魔術師と呼ばれたものです。
tukuba2000ds.jpg
この写真はウェストカラーに塗る前のものですね。
筑波の1ヘアです。
なつかしいな~。
なんか思い出したら悲しくなってきた。

ドカもカピカラーに塗り替えちゃうかな~。
今年はカピロッシ、ドゥカティに乗るもんねー。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/13(日) 19:00:44|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スクラッチモデラー高梨廣孝「1/9の小宇宙」展へ行ってまいりました!! | ホーム | お知らせ!!それと恒例の逃避行とか!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oopartspark.blog102.fc2.com/tb.php/84-2534cb24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みるる専務

Author:みるる専務
みずき匠(プロモデラー)
模型誌作例・GFFフィニッシャー・カラーリング・商品原型などなど
最近は毎月関わった作品、商品が模型誌に載らない月が無いくらい活躍中

通称「みるる専務」
好物「すっぱい物」

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。